*

映画「世界の果ての通学路」は間違っている。

公開日: : 最終更新日:2014/06/08 カルチャー, コミュニケーション戦略, マーケティング, 途上国支援

途上国の少年、少女が学校に行く、その姿を追うというだけの、けっこう異色の映画「世界の果ての通学路」が好評のようだ。

なにしろ、東京ではシネスイッチ銀座にて4月12日から公開されているが、いまだにロングラン公演中。

5月10日から上映開始した新宿武蔵野館でも上映続行中だ。

全国的にも上映館は拡大しているらしい。

上映劇場情報はこちら

途上国においては、学校に通うという、ただそれだけのことがいかに困難か? ということは、僕らのように、と女言う酷の教育支援に関心のある人間にとっては、まあ、常識と言っても良い。

だから、この映画に出てくる子どもたちのように、通学に片道2時間かかる、4時間かかると言われても、まあ、そういうこともあるよね、というのが正直な感想だ。

しかし、情報として知っていることと、映像として見ることととは、やはりリアリティが違う。

リアリティが違うということは、通学の困難さがリアルに伝わるということで、それはつまり、そうまでして学校に通う子どもたちの、勉強への飢餓にも似た熱望をリアルに感じさせてくれるということでもある。

なにしろ、この映画に出てくる子どもたちは、文字通り命をかけて学校に通う。

象の群れに襲われる危険に満ちたサバンナや、切り立った山道を何時間もかけて学校に行く。

その姿を、(多少の演出はあるにせよ)淡々と追う、その淡泊な描写が、子どもたちの素朴でストレートな学校、教育というものへの信頼、渇望を伝えてくれる。

つまり、途上国の子ども他たちのために、もっともっと教育支援をやらねばという気持ちになる。そんな映画なのだ。

しかるに、この映画は教育支援NGOと連携しているという話を聞かない。

僕の周囲には、途上国の教育支援関係者は多いし、その中には大手NGOもいくつもある。

そういったNGO関係者から、この映画に関する話題がほとんど聞こえてこないのだ。

教育支援NGOをもっともっと巻き込むべきだ!!

これは、映画のプロモーションがNGOに対して行われていないことを意味する。

当たり前だが、もともと途上国の教育支援を行っていたような人間なら、この映画を見れば感動し、ブログやSNSで拡散すること間違い無しである。

それなのに、教育支援NGO界隈ではあまり話題になっていない。

そのようなNGOを集めた、プロモーション・イベントの話も聞かない。

つまり、マーケティングが間違っているのだ。

日本の映画配給会社に関しては、マーケティングが間違っているなあと思うことが多いが、この映画などその典型的な例だ。

つまり、この映画の担当者は、この映画に描かれた世界観に共感する、そんな価値観を持った人たちがどこにいるか、まったく考えてないということだ。

大手のNGOなら、何万人もの会員を抱えている。

中小・零細NGOでも、数千人規模での支援を持つ団体は普通にある。

そのような口コミメディア、というか強力なインフルエンサーを何故、有効活用しないのか?

映画自体が「伝わる」ものだけに、それが(最もこの映画を見るべき人たちに)伝わっていないのは非常に残念だ。

 

関連記事

zero

「永遠のO」と現代若者論

「永遠の0」 正直言って、原作を読んだ時はピンとこなかった。 「妻子のために生きて帰るこ

記事を読む

snowqueen

「アナとひきこもりの女王」は何故、誤解されたのか?

注:この記事には多少のネタバレがあります。 「アナと雪の女王」の観客動員数が1757万人に達し

記事を読む

supplement

成長戦略視点からは、健康食品の表示規制緩和は正しいけれど、、

安倍政権は成長戦略の一環として、健康食品の表示規制を大幅に緩和する方針のようだ。 これは、健康

記事を読む

EDM_Party

音楽好きはやっぱりラジオだ!!

もともと音楽が好きではあるのだが、一昨年あたりからEDMにはまったこともあって、最近はコンピも含めて

記事を読む

volvic

コーズ・マーケティングの限界

最近はミネラル・ウォーターの値段がどんどん下がっていて、スーパーやコンビニでは2リットル入り

記事を読む

iammalala

マララちゃんの自伝、発売中!!

「女の子だって勉強したい!!」と世界に訴えただけで、タリバン兵に襲われて頭に銃弾を撃ち込まれ

記事を読む

kimigayp

集団的自衛権に反対している連中は、君が代が世界で唯一の平和的国歌であることをちゃんと理解すべきだ

集団的自衛権に反対する運動が少しばかり盛り上がっている。 首相官邸の周囲でも反対派のデモが深夜

記事を読む

the man

大人の男のカッコよさとはこういうことである。

今日、インターFMの「TERAOKA MUSIC」という番組をたまたま聞いていたら、元東京スカパラダ

記事を読む

moon_square

月に手を伸ばせ。たとえ届かなくても。

当ブログのタグラインにもなっている「月に手を伸ばせ。たとえ届かなくても」。 これは、70年代後

記事を読む

eyecatch

オリンピックは誰のモノか?

2020年のオリンピック開催が東京に決定!! ということで、さっそく百貨店やスーパーで記念セー

記事を読む

sma1
活動拠点を当ブログから移動しました。

僕がプロデュースする女性支援NGO「ガールパワー」では、2016年7月

mizutani
夜回り先生の右手親指はなぜ潰されたのか?

昼飯を食べながら「徹子の部屋」を見ていたが、今日のゲストは「夜回り先生

bouzu
CSRが儲かるとか儲からないとか、そんなことを議論しているから御社の業績は落ちるのだ。

昨日に続き、CSRは儲かるかどうかの議論について。 何故に、CS

csr
CSRは儲かるとか儲からないとか、この業界はいつまで頭の悪い議論を続けるつもりなのか?

つい最近、日経ビジネスにこのような記事が掲載された。 「社会貢献

sukiya2
ゼンショーのワンオペ、何が悪い!?

ここのところ、ニュースでは連日のようにゼンショーがネタにされている。

→もっと見る

  • 社会貢献に関するさまざまな情報をお届けする竹井善昭のメルマガです。ぜひご購読ください。 下記より登録できます。 竹井メルマガ登録フォーム

  • 社会貢献を志すすべての人のために。社会貢献という生き方を選ぶすべての人のために。社会貢献でメシを食うための方法を徹底解説。ソーシャルビジネスやCSRの考え方から、すぐに使えるヒント、アイデアまで。学生から企業人、そしてNPO・NGOスタッフまで。これ一冊で社会貢献のすべてが分かります。
    社会貢献の入門書として、大手外資系コンサル会社や中央官庁などの社会貢献系部署で必読書となっているロング・セラー。
    Amazonで購入

  • 英語やロジカル・シンキングだけでは世界では通用しない。真のグローバル人材になるために必要なことは何か? 誰も書かなかったその本質を徹底解説。
    Amazonで購入
PAGE TOP ↑