*

集団的自衛権に反対している連中は、君が代が世界で唯一の平和的国歌であることをちゃんと理解すべきだ

公開日: : カルチャー, 日本論, 考察, 雑記帳

集団的自衛権に反対する運動が少しばかり盛り上がっている。

首相官邸の周囲でも反対派のデモが深夜まで繰り広げられたそうで、ニュース番組の報道によれば500人くらい集まったそうだ。

60年安保や70年安保の時は10万人くらいが国会議事堂を取り囲んで、それこそ死者まで出すほどの激しい抗議デモが繰り広げられたが、それに比べたら非常に平和的なデモである。

集団的自衛権の是非については、今回は議論しない。

反対する人がいても、それはそれで、それこそ思想信条の自由で、反対すること自体を(今回は)批判しない。

ただ、いわゆる「平和を愛する」日本の「市民活動家」はもっともっと君が代の本質を知るべきだし、そのことをアナウンスすべきだ。

「君が代」は、言わずと知れた日本の国歌だが、これはおそらく、世界で唯一、平和的な国歌なのである。

何故か?

それは近代国家の国歌というものの、本質と関わることだ。

近代国家の国歌とは、基本的にマーチ。つまり、軍隊が行進するためのものだ。

代表的なものが、フランスの「ラ・マルセーユ」。

しかし、「君が代」では軍隊は行進できない。

軍隊の行進とは、西洋式の歩き方をするが、これはオン・ビートの歩き方である。

イギリスもイタリアも、国歌はオン・ビートだ。

しかし、「君が代」はアフター・ビートである。

これでは軍隊は行進できない。

つまり、「君が代」は(おそらく)世界で唯一、軍隊が行進できない国歌であり、その意味で平和的なのである。

ちなみに、日本人古来の歩き方である「ナンバ歩き」もアフター・ビーットの歩き方だ。

ロックやR&Bがアフター・ビートなのは、それが基本的に「LOVE&PEACE」だからだが、それは日本人のDNAに昔から宿っていた感性なのである。

平和を希求して集団的自衛権に反対して、なにがなんでも憲法九条を死守しようとする思考停止の市民活動のみなさんは、もっともっと「君が代」とアフター・ビートの本質を理解して、世界にアピールすべきだろう。

市民団体のデモのリズムが、非常に好戦的なオン・ビートなのは何故だろう?

という疑問もあるのだが、今の市民活動には、「LOVE&PEACE」の感性や文化が失われてしまっているからかもしれない。

だから、かつてのヒッピー・カルチャーのような、新しいピースフルな文化が生まれてこないのだろうが、そのことについてはまたの機会に。

関連記事

shakameshi

社会貢献でメシを食う男のブログ、再開!!

いきなりだけど、ブログを再開したいと思う。 以前にもブログを書いていたが、いろいろと忙しくなって放

記事を読む

school in africa

小中学校の教室にエアコンが必要な理由がよくわからない。

千葉市の小学校の教室にエアコンが設置されていない、ということで市議会にエアコン設置を求める請願が出さ

記事を読む

nuclear

脱原発派は小中学校の教室のエアコン設置に反対すべきではないのか?

昨日は、小中学校の教室のエアコン問題について書いてみたが、 http://takei.us/a

記事を読む

sma1

活動拠点を当ブログから移動しました。

僕がプロデュースする女性支援NGO「ガールパワー」では、2016年7月にウェブ・メディア「ガールパワ

記事を読む

ijime

「いじめ」は主観の問題。教師は勇気を持って主観で判断すべきだ。

同級生に対するイジメを見て義憤にかられ「いじめるなら、わたしをいじめて」と侠気を見せた小学生の女児が

記事を読む

bouzu

CSRが儲かるとか儲からないとか、そんなことを議論しているから御社の業績は落ちるのだ。

昨日に続き、CSRは儲かるかどうかの議論について。 何故に、CSRが儲かるもうかるかどうかの議

記事を読む

eyecatch

オリンピックは誰のモノか?

2020年のオリンピック開催が東京に決定!! ということで、さっそく百貨店やスーパーで記念セー

記事を読む

kaigo

介護で閉ざされる若者たちの未来と「殺される権利」について

今夜のNHK「クローズアップ原題」のテーマは重かった。 介護で閉ざされる未来 ~若者たちをどう

記事を読む

Facebook

Facebookはほんとうに「オジサンが使うもの」なのか?

「Facebookって、オジサンが使うものでしょ?」 この春、大学に入学した女子大生、つまり18歳

記事を読む

moon_square

CSRはもう終わり

宣伝会議が運営する広告界のニュース&情報ポータルサイト「アドタイ」に寄稿しました。 テーマは「

記事を読む

sma1
活動拠点を当ブログから移動しました。

僕がプロデュースする女性支援NGO「ガールパワー」では、2016年7月

mizutani
夜回り先生の右手親指はなぜ潰されたのか?

昼飯を食べながら「徹子の部屋」を見ていたが、今日のゲストは「夜回り先生

bouzu
CSRが儲かるとか儲からないとか、そんなことを議論しているから御社の業績は落ちるのだ。

昨日に続き、CSRは儲かるかどうかの議論について。 何故に、CS

csr
CSRは儲かるとか儲からないとか、この業界はいつまで頭の悪い議論を続けるつもりなのか?

つい最近、日経ビジネスにこのような記事が掲載された。 「社会貢献

sukiya2
ゼンショーのワンオペ、何が悪い!?

ここのところ、ニュースでは連日のようにゼンショーがネタにされている。

→もっと見る

  • 社会貢献に関するさまざまな情報をお届けする竹井善昭のメルマガです。ぜひご購読ください。 下記より登録できます。 竹井メルマガ登録フォーム

  • 社会貢献を志すすべての人のために。社会貢献という生き方を選ぶすべての人のために。社会貢献でメシを食うための方法を徹底解説。ソーシャルビジネスやCSRの考え方から、すぐに使えるヒント、アイデアまで。学生から企業人、そしてNPO・NGOスタッフまで。これ一冊で社会貢献のすべてが分かります。
    社会貢献の入門書として、大手外資系コンサル会社や中央官庁などの社会貢献系部署で必読書となっているロング・セラー。
    Amazonで購入

  • 英語やロジカル・シンキングだけでは世界では通用しない。真のグローバル人材になるために必要なことは何か? 誰も書かなかったその本質を徹底解説。
    Amazonで購入
PAGE TOP ↑