*

プロフィール

社会貢献をテーマとしたコミュニケーション戦略コンサルタント、CSRコンサルタント、ソーシャル・ビジネス・プランナー、マーケティング・コンサルタント、メディア・プロデューサー。

企業と生活者・顧客、企業と従業員の「共感」構築に特化した共感プロデューサーとしても活動。

CSRの新しい概念としての「CSR3.0」、および新しい経営概念としての「バリュー・エンゲージメント」理論を提唱。

社会貢献を志す人のバイブルとしてロングセラーを続ける「社会貢献でメシを食う」著者。

2013年9月、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性の価値を高める活動を行う団体「一般社団法人日本女子力推進事業団(略称:ガール・パワー)」を仲間の女子たちと立ち上げた。

株式会社ソーシャルプランニング代表取締役。

一般社団法人日本女子力推進事業団(ガール・パワー)事務局長

東北復興支援団体「東北ライジング」代表理事。

ダイヤモンド・オンラインで社会貢献をテーマとした「社会貢献でメシを食うNEXT」連載中

 

著書
「社会貢献でメシを食う」「ジャパニーズ・スピリッツの開国力」(共にダイヤモンド社刊)

翻訳
「最高の自分が見つかる授業」ドクター・ジョン・ディマティーニ著(フォレスト出版刊)

20130319_068


公開日:
最終更新日:2014/03/03

sma1
活動拠点を当ブログから移動しました。

僕がプロデュースする女性支援NGO「ガールパワー」では、2016年7月

mizutani
夜回り先生の右手親指はなぜ潰されたのか?

昼飯を食べながら「徹子の部屋」を見ていたが、今日のゲストは「夜回り先生

bouzu
CSRが儲かるとか儲からないとか、そんなことを議論しているから御社の業績は落ちるのだ。

昨日に続き、CSRは儲かるかどうかの議論について。 何故に、CS

csr
CSRは儲かるとか儲からないとか、この業界はいつまで頭の悪い議論を続けるつもりなのか?

つい最近、日経ビジネスにこのような記事が掲載された。 「社会貢献

sukiya2
ゼンショーのワンオペ、何が悪い!?

ここのところ、ニュースでは連日のようにゼンショーがネタにされている。

→もっと見る

  • 社会貢献に関するさまざまな情報をお届けする竹井善昭のメルマガです。ぜひご購読ください。 下記より登録できます。 竹井メルマガ登録フォーム

  • 社会貢献を志すすべての人のために。社会貢献という生き方を選ぶすべての人のために。社会貢献でメシを食うための方法を徹底解説。ソーシャルビジネスやCSRの考え方から、すぐに使えるヒント、アイデアまで。学生から企業人、そしてNPO・NGOスタッフまで。これ一冊で社会貢献のすべてが分かります。
    社会貢献の入門書として、大手外資系コンサル会社や中央官庁などの社会貢献系部署で必読書となっているロング・セラー。
    Amazonで購入

  • 英語やロジカル・シンキングだけでは世界では通用しない。真のグローバル人材になるために必要なことは何か? 誰も書かなかったその本質を徹底解説。
    Amazonで購入
PAGE TOP ↑